前方に注意しながらレンタカーの福祉車両の速度を増加させて目的地に向けて進みますが、内部の状況確認も逐一行います。乗客の様子を映像で確認できる仕組みがあるレンタカーの福祉車両なら、急な体調不良の発見が早まります。後頭部に視神経が通っているわけではありませんから、走行中に活用できるのは聴覚だけになるのが一般的です。しかしながら、路面から伝わる音と車内の異変を聞き分けるのは至難の業です。

運転席から視認できる場所に後ろの席の状況を映し出す画面があれば、レンタカーの福祉車両を一人で運転しているときでも余裕を持った対応が可能になります。要介護者は自らの体調を言葉で表現できない場合が珍しくないので、迅速な応急処置によって生命活動の維持に貢献できて顧客からの信頼を勝ち取る結末も見込めます。手すりが設置されたレンタカーの福祉車両を積極的に導入すると、乗降の折に担当者が感じる負担を大幅に軽減させられます。要介護者の中には両手の筋力が強くて物を掴める人もいますから、手すりに捕まってもらった状態でレンタカーの福祉車両に乗せるというわけです。

体重の何割かを本人が支えているために、担当者は小さな力で与えられた役割を果たせます。各種ステップが備わっている場合も、歩くことができるけれども支えが必要な乗客ならば体全体を持ち上げることなく乗降できます。単一で見ると他愛もない部品ですが、介護の現場では絶大な力を発揮するものが少なくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です