最近は身体にハンディキャップを抱えながらもアクティブに活動する人が増えてきました。そのために車いすのまま乗り込むことができたり、腕だけで運転できるように特別な改造を施したりする福祉車両の登録台数も年々増加傾向にあります。実際に福祉車両を購入するとなると、車両本体価格に加えて搭載されている機器の分の価格が上乗せされますので、高額となりがちです。市町村によっては購入者に対して補助金を出す形で支援を行っているところもありますが、まだまだ全体的に広がっているわけではありません。

また、実際に購入したとしても使用頻度がさほど多くない場合では、福祉車両のレンタカーを利用する方がコストを抑えることができます。一般の乗用車と同じように福祉車両もレンタカー各社が取り揃えている場合が多くなってきています。ただ、台数に限りがありますので、利用したい日程が決まり次第レンタカー会社に問い合わせをして、どのようなタイプの福祉車両を借りたいのかを前もって連絡しておくのが良いでしょう。またレンタカー会社によっては取り扱い車種が限定されていたり、取り扱いそのものを行っていない場合もあります。

事前に検索して取り扱いのあるレンタカー会社を見つけておくことをおすすめします。車があると行動範囲が格段に広がります。最近は公共施設でもバリアフリー化が進み、身体にハンディキャップを持つ方も、健常者の方と同じようにレジャーを楽しむことができるような環境が整いつつあります。どのような人でも気軽に出かけることができ、安心して生活できる社会がこれからどんどん実現していくことでしょう。

24時間のレンタカーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です