自宅での高齢者の介護をしている人は近年とても増えています。病院やデイサービスでの送り迎えなど車がないとどこにも行けない地方ではもちろんのこと、都会であっても介護をする上で車が必要となるシーンは少なくありません。しかし、なかなか介護者を安心して乗せるための設備を整えた福祉車両を持っている人は多くないのが現実です。そんなときに便利なのがレンタカーの利用です。

介護が一般的になった今日では、多くのレンタカー会社では福祉車両を取り扱っています。車両は用途によって様々なタイプがあるので、用途や状態によって最適なものを選びます。車いすに乗ったまま乗り降りができる車いす仕様車や、車いすを利用していないけれど足が不自由で乗り降りが大変な人向けのリフトアップシート車などがあります。リフトアップシート車は、座席がリモコン1つで自動で回転してスライドダウンし、段差をなくしてスムーズに乗り降りするための仕様になっている福祉車両です。

その他、開口の大きいスライドドア式の車両もあり、どの種類を選んでもゆったりとした乗り降りが可能です。レンタルの価格も一番小型サイズのものであれば6時間以内5000以下など、リーズナブルで気軽に利用できる設定となっています。急に介護が必要になった場合や、一時的な外出で車が必要になった場合などに利用すると便利です。また車での旅行を楽しみたいときでも、レンタカーを利用することで行動範囲を広げることもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です