福祉車両には様々な機能が付いている車があります。レンタカーで借りる前に知っておくべきことは多いです。助手席サイドリフト付きの車は助手席が手動か電動で70度以上回転し、車外にせり出して地面近くに下降します。車椅子から座席を移乗したい方に便利な機能です。

リアスローブ付きの車は車椅子に乗ったまま乗り降りできます。押しボタン式のスイッチ操作でスロープの収納と展開、車高降下出来るスロープが付いてます。後部サイドリフト付きの車は、座席が電動で昇降、回転し車椅子からの移乗の負担を軽減し、介助する方の腰への負担も和らげます。車椅子とシート座面の高さを合わせると移乗させやすいです。

リアリフト付きの車は、車両後部に装着しているリフトを使い、車椅子に座ったまま乗り降りができます。座席レイアウトにより動けない方を運ぶ器具であるストレッチャーも搭載できます。介護する方の負担も減らすことが出来ます。助手席回転付きの車は、助手席が車外にそのまま出てきて、乗り降りを補佐します。

電動で昇降、回転します。ケガ中に移動が多い方におすすめです。福祉車両をレンタカーで借りて、車椅子の方の買い物などに使われることも多いです。車椅子生活になるとあまり外出ができなくなるので、福祉車両を使うと気分転換やストレス減少にもなります。

また、レンタカーを借り病院やデイサービスの送迎などにも利用している人は数多くいます。今後も福祉車両の活躍は続くといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です