運転はできるけれども非力な担当者がレンタカーの福祉車両を扱う折は、要介護者の体を支えて乗車させるまでの流れで時間がかかりやすいです。顧客の体に衝撃が伝わらないように十分に配慮しつつも、レンタカーの福祉車両の構造に合わせた動きを行う必要があります。筋力が強いほど時間の短縮が図れますが、運転技術に磨きをかけるべき担当者に指示するべきことではありません。他方で昇降台が独立した動きを見せて要介護者をレンタカーの福祉車両の中へ誘うものを使えば、筋力の有無にかかわらず素早く作業を終えることが可能になります。

昇降台が動く折に必要な時間は一定ですから、所定の場所に乗客を動かすだけで事足りてしまうからです。乗り心地を少しでも良くしたいなら、座席がレンタカーの福祉車両の外に出てくるタイプのものが効果的です。要介護者を人力で運ぶ必要があるものの、快適さだけでなく安全性も増す結果が得られます。独立した座席に乗せられたなら、体を固定する道具が使いやすくなり運転中の揺れの影響を受けにくくなるからです。

昇降台に移動のための道具ごと積載した場合、レンタカーの福祉車両で万全を期した運転に配慮していても急な停止操作などによって加わる衝撃を防ぎきれません。体が完全に固定されているわけではないために、突発的なことを想定した慎重な移動が求められます。担当者からしてみれば集中するべき時間が増えて疲労感が増すので、筋力が必要でも動くシートに着席させるほうが安堵できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です