レンタカー会社でも福祉車両をレンタルすることは可能であり、これは社会福祉法人や特定非営利活動法人などといった法人格をもたない、単なる個人であったとしても、特に問題はありません。こうした福祉車両のラインナップというのは、会社によっても違いはありますが、かなり多様なものがあります。ワンボックスカーのような大型のレンタカーであれば、ハッチバックに金属のスロープを設置して、そのまま車椅子で車内にまでエントリーできるようにしたものや、昇降機がついていて、介助の人が操作することによって、車椅子をうしろから押さないでもすむようなものまであります。これらは福祉車両のなかでも、かなり本格的な改造をほどこしたものといえますので、レンタカーの料金としては若干高めに設定されていることが多く、どちらかというば一般個人よりも、むしろ法人向けということができます。

いっぽう、セダンタイプの福祉車両というのもあり、こちらは座席が回転して外に飛び出すようになっていて、車椅子から座席に移る動作がスムーズになっているものや、さらに車椅子を吊り上げて車内に格納する装置がついているものなどがあります。個人でも利用できそうなものとして、これらの中間にあたるような、軽ワゴン車を改造して車椅子対応にした福祉車両なども別にあります。ただし、レンタカーの店舗によって、どのようなタイプのものが実際にレンタルできるかは違いますので、利用の前に問い合わせはしておいたほうがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です