体に不自由がある人や車椅子の人は状態によっては普通の車両に乗ることが難しくなっており、外出することが難しいことから家の中に引きこもりやすくなっているという問題を抱えています。そのような人たちを支えるサービスのひとつとして利用されているのが福祉車両のレンタカーサービスであり、これを利用することによって車椅子のまま乗車することができたり、助手席が下がるので体が不自由な人でも乗車しやすくなるなど、引きこもりを防いで外出しやすくなります。そんな福祉車両のレンタカーサービスは全国で利用することができるサービスとして人気を集めているのですが、利用する場合にはいくつかの注意点が存在します。というのも、あくまでもレンタルサービスとなっているので福祉車両の台数にも限度があり、利用する場合は事前の予約が必要となっているというところです。

また、レンタカーには業者によって複数の種類が用意されている事もあるのですが、利用する人の身体状態によってどの種類のレンタカーを選べばいいのかというところを選定して予約をする必要があります。ほかにも介護施設などで利用する場合は複数の車椅子の人が乗車するということも少なくないのですが、そのためには大型の福祉車両をレンタルする必要があるほか、車椅子の種類や大きさによっては乗車できないという事もあります。なので、事前にレンタルすることができる車両を目で見て確認するということも必要になってきます。24時間のレンタカーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です