レンタカーのサービスでは色々な車両を選ぶことができるようになっているのですが、最近注目を集めているのが福祉車両のレンタカーサービスです。福祉車両とは簡単に言えば車椅子の人が乗りやすいように配慮された車両のことであり、助手席の座席が下がって乗り降りしやすいようになっていたり、後部座席が広いスペースとなっており車椅子のまま乗車することができるように昇降機などが設置されているものとなっています。最近ではタクシーでも福祉車両のタイプがあるなど車椅子の人でも乗車しやすいものが増えてきており、その車両を自分たちで利用できるのがレンタカーサービスです。メリットとしてはタクシーなどを呼ばなくてもいいので自由に利用することができるというところと、必要なときに利用することができるというところです。

レンタカーなので数日利用することも可能となっているので病院などの送迎で利用する以外にも旅行や外出として利用することができるので、介護施設や福祉施設でも利用することができるほか、個人でレンタルして車椅子の人を外出させることも容易になっています。また、福祉車両の場合は複数の車椅子の人や体が不自由な人でも利用することが出来るサイズがあり、そちらもレンタルすることができる業者もいくつかあります。なので数人の車椅子の人や体が不自由な人も一緒に外出することができますし、助手席や補助席もついているので介護をする人も複数乗車することが可能となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です