ケガをしてしまい移動が困難、体が不自由になってしまい、好きな旅行にも行けなくなった、そんな時には福祉車両をレンタルしてはいかがでしょう。短期間の利用ならば、レンタカーがおすすめです。福祉車両には、車いすのまま乗れるタイプと、椅子が回転するタイプの車があります。車いすのまま乗れるタイプは、車の後部に、格納した折りたたみスロープがあるものと、リフトで乗り降りできるものがあります。

車いすに乗られている方はもちろん、介助される方の操作なども考え、選ぶとよいでしょう。椅子が回転するタイプは、助手席の椅子が回転するものと、後部座席が回転するものがあります。椅子がドアの方に回転してくれるので、車に乗ってしまえばいいのだけれど乗り降りがつらい、という方の苦痛をとることができます。けがなど、一時的に困っている方にも便利です。

車の種類も、椅子が回転するタイプは小型車から。車いすで乗り降りできるタイプもミニバンタイプからあるので、運転する方も安心です。レンタカー会社では、町中はもちろん、駅や空港でも福祉車両を扱っています。好きな旅行に行けなくなった、などと思わず、どんどん出かけて欲しいと思います。

自家用車が福祉車両だけれど、故障してしまって困っている、という場合や、福祉施設でのご利用にも便利です。購入を考えているのだけれど、どんなものか実際見てみたい、乗ってみたい、運転してみたい、という方にも、レンタカーはおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です