障害を抱えていたり老齢で体が弱っている方、または病気やケガをしている際、移動は公共交通機関など限られてしまいます。公共交通機関では行くことができる場所が限られていますし、他の乗客に気兼ねしてしまう方もいらっしゃるようです。そんな時に便利なのが福祉車両のレンタカーです。病院などの移動に限られる介護タクシーと異なり、買い物やドライブなど借りている間は自由に行動できるのが魅力です。

福祉車両導入前の試乗として使うのもおすすめです。福祉車両は多くのレンタカー会社で取り扱っていますが、店舗によっては使用したいタイプの車両がなかったり、十分な数が無いことがあります。そのため多くの会社では福祉車両の予約は電話のみとしているところが多いようです。はじめてレンタカーを借りる際はこちらの要望に沿った車を提案してくれたり、適切なアドバイスをしてくれるスタッフがいる店舗と契約するのがおすすめです。

繁忙期は借りにくくなるので、余裕を持って予約しておきましょう。福祉割引が適用される場合もあるので、活用するとよいでしょう。車選びのポイントは、まず実際に乗り降りする場所を想定し、車両本体やリフトやスロープを使用した状態での長さや幅などを計算することです。一般的な車庫スペースでは充分でないことが多く、広い場所まで移動してから乗り降りしなくてはならないこともあるので、足元がおぼつかない方や車いすでの動線にも気を配る必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です