最近ではレンタカーで福祉車両が利用できるようになってきています。トヨタの福祉車両であるウェルキャブはトヨタレンタカーのほとんどのお店でレンタルが開始されている状況のため、地方にお住まいの人でも利用できる環境が整ってきています。金額が高いために購入を断念したという人もレンタカーであれば安心の料金で利用することが出来ます。福祉車両は要介護者に優しいだけではありません。

介護者にとっても優しい機能が多く搭載されており、操作が簡単で安全に使用できるようになっています。そのため、楽しみながら介護を行うことができ外出することが楽しくなります。使用方法としてもっとも多いのは送迎でしょう。自家用車やタクシーなどを使用して送迎するのは乗り降りが非常に大変で、要介護者にとっても介護者にとっても負担と不安が大きいものになってしまいます。

福祉車両を利用すれば、簡単な操作で乗り降りができるので不安なく送迎を行うことができます。また、いままでは遠出を遠慮していた人も、介護の不安がなくなることで旅行などを楽しむことが可能になります。福祉車両には3つのタイプがあり、ニーズに合わせて選択することができます。一つ目は車椅子のまま乗るタイプです。

リフトタイプとスロープタイプがあり、車椅子のまま乗り降りが可能です。二つ目は後部座席・セカンドシートに座るタイプです。後部座席やセカンドシートが電動で回転して車の外へスライドして出てきます。シートの高さも調節できるのでスムーズに乗り降りをすることが可能です。

三つ目は助手席が回転スライドするタイプで、助手席が回転して外に出てくるので乗り降りが簡単に行なえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です