近年シルバー世代が増えることによって介護のあり方が再認識されていますが、その介護のあり方のひとつに意識がしっかりとしている人は介護施設に入居するのではなく自宅と介護施設を行き来する介護方法が推奨されています。住み慣れた家にいればストレスを感じることなく過ごせ、その中で仕事などで相手をしてあげられないときには介護施設で過ごしてもらうという形を取ることで介護の負担が減るメリットがあります。しかしそのためにも介護施設から家まで往復する手段が必要になります。その手段が福祉車両であり、福祉車両は縦に広いワンボックスカーの利点を利用して車椅子を自動で乗せられる機材を乗せたり松葉杖などの介護道具を安心して置けるスペースを確保している車を福祉車両といいます。

福祉車両があることによって要介護認定をされている介護者でも気軽に乗せられますが、それでも気がかりなのが通常の車よりも高い値段で取引されているためなかなか手が出せないことです。そこで介護の負担を減らすという目的で、書くレンタル企業と車産業が連携して作ったのがレンタカーサービスです。レンタカーは時間割の料金を支払うことによって、その時間割であれば値段変動せずに好きなだけ車を乗ることの出来るのがレンタカーシステムです。このレンタカーシステムを福祉車両に応用することによって購入すると高くなることがデメリットだったのがレンタルすることによって距離に関係なく気軽に使えるので介護施設から家までの往来がしやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です