カンボジアからの研修生に見られる特徴

  • カンボジアからの研修生は増加傾向

    • 近年、日本の企業では外国人研修生の受け入れが活発になっています。


      その背景には、深刻な人手不足があります。人材募集を行ってもうまく人が集まらない現状です。

      カンボジアの研修生の最新情報ならこちらを参考にしてください。

      伴って多くの企業で外国人研修生を受け入れる事により、人員確保を行うようになってきました。
      多くの国々の中でもカンボジアからの研修生は増加傾向にあります。

      カンボジアは、まだ発展途上国と言う事もあり地域によっては水の確保も困難な程です。


      それ故に、職種も限られ安定した収入を得るのも難しい状態になっています。


      そこで、安定した収入と技能が学べる日本へ出稼ぎに向かう方が増える一方です。


      日本も深刻な人手不足になっている為、良好な関係が築けています。
      カンボジア研修生が就く職種の多くは、工場や農業関係の仕事がメインです。
      基本的に3年間の実習期間を設けており、その3年間で技術を学ぶ事になります。

      また、技能の習得だけではなく日本語の勉強も兼ねた研修になっています。研修生にとっては日本の文化や言語を学び仕事の技術も習得できる為、将来に繋がる研修になっているのが特徴です。



      多くは、若い20代がメインで自国で基礎的な日本語を学んでから、日本に来るようになります。

      よって、受け入れた企業も日本語が全く通じない不都合が無い為、教育における言葉の弊害は少なくなっています。

      基本的に企業との直接雇用ではなく、専門の機関からの実習生となります。



      その機関での事前研修にパスした人材のみが日本へ送り出されるようになっています。