カンボジアからの研修生に見られる特徴

  • 外国人研修生 フロム カンボジア

    • ここ2,3年日本では外国人特にカンボジアからの研修生が増加しています。

      その理由として、研修生を迎えることで人員不足の解消や、高い賃金の抑制効果を狙っています。

      カンボジアの研修生の情報を提供中です。

      発展途上国の若者に日本の文化を知ってもらい、そして実際に肌で感じてもらい、自国の発展をめざしてもらうために沢山の研修生がカンボジアからきています。



      当初は農業の分野での研修生が多かったのですが、最近では医療関係や水産系での工場などでも増えつつあります。


      高齢化に伴い福祉関係の外国人も多く受け入れられています。その理由としてカンボジアは日本ほど医療機関が整っておらず、医療や介護の知識がまだまだ乏しいとされていて、医療や介護の技術、マネージメントを学びたいといった研修生が増えています。

      今後、日本はさらなるグローバル化を目指し多くの外国からの人員を増やしていけない状況になっていくと思われます。


      安い賃金で働く外国人が増えると日本人の雇用が減るように思われているが、日本で勉強した実習生が自国に戻り更なる発展を遂げて、その発展した技術を日本に再輸入するなどWIN-WINの関係を作ることが最大のメリットであり、デメリットばかりだけでは日本の発展、アジアの発展、さらなる世界の平和と発展を願うことは出来ないのではないでしょうか?又、実習を行うにあたってどれほど効果があったかの検証も必要とされています。


      カンボジアではメディアの信用度が特に悪く口コミの影響が日本よりも強いとされています。



      日本にくる実習生はそんな周囲に影響を与えれるような信頼できる人材が好ましい。