保育士のための専門学校に通っている時に役立つ豆知識

将来、保育士として活躍するために専門学校に通うことを決意したのであれば、日頃のカリキュラムの中で疑問に感じたことや追及したいと感じたことをメモしておくように心掛けましょう。保育士になるための専門学校では、ほとんどの場所で卒業生を招いて直接現場での話を聞ける機会を設けています。その際に自分の疑問や知りたいこと等についての質問をきちんと投げかけられるように、いつでも準備しておくことがとても大切だからです。機会を与えられたその時に質問を考えてみても、なかなか考えが纏まらずに、結局なにも質問できないで終わってしまうということはざらにあります。

これは非常にもったいないことですし、自身の成長を妨げる残念な状態です。保育士というのは専門学校の授業で吸収できる知識だけでやっていける簡単な職業ではありません。それぞれに個性のある子どもたちやその親御さんたちと向き合い、その都度必要な対応や対策をすることが求められる複雑でデリケートな職業です。だからこそ、学生の内に卒業生の現場でのリアルな体験談を聞いたり、質問に答えてもらうなどすることで、少しでも役立つ知恵やスキルを身に付けておくようにしたいもの。

それなのに、何の質問もしないままその機会を終えてしまっては、吸収できるものも吸収できません。常日頃から授業の内容で不思議に思ったことを書き留めて置いたり、自分が実際に働いたら直面しそうな困難についてイメージを膨らませて質問を考えておくようにして、より成長を遂げられるような機会を有効的に活用できる自分でいられるよう努力しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です