保育士になるには専門学校を卒業するのが最短な方法

保育士として活躍するには、厚生労働大臣指定の保育士養成施設を卒業する方法と国家試験を受験し合格する方法があり、専門学校は養成施設の中に含まれます。養成施設には、4年制の大学や2年制の短期大学と専門学校があり、高等学校卒業以上の学歴が必要となります。養成施設を卒業すると同時に保育士の資格が取得できるのが、最大のメリットです。学校によっては、幼稚園教諭の免許も取得できます。

2年制の短期大学と専門学校では、2年間という短期間の間に保育知識や技術を詰め込まなくてはならないこともあり、転職を考えている社会人や主婦には少々通学が困難なこともあります。一方で、4年制の大学の場合には、倍の学習時間があるため、しっかりと保育知識や技術を学べるほか、幅広い分野の知識も習得できるのが魅力です。とは言え、時間がかかることから、1日も早く仕事に就きたい方には不向きと言えます。専門学校で保育士を目指すには、現場で早く活躍したい人や学費などの費用をできるだけ抑えたい人、充実した就職のサポートを求める人に最適と言えるでしょう。

専門学校にも、2年制や3年制の学校のほかにも、厚生労働大臣指定の指定校と指定の短期大学のカリキュラムを併修する必要がある併修校があります。これらを学校選びのポイントにして自分に合った学校を選ぶことが肝心です。また、幼稚園教諭資格も取得できるかもポイントに加えることも大切です。また、仕事を続けながら保育士を目指す方は夜間課程を設けている学校を選ぶと仕事と学習の両立が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です