保育士になるには専門学校がおすすめである理由

保育士の仕事というと、保育所の勤務がイメージされますが、そのほかにも母子生活支援施設屋乳児院など非常に多岐にわたっており、また、最近では女性が出産直後には職場復帰している実態もありますから、需要が高まる一方で供給が追いつかず慢性的な要員不足に陥っています。供給が追いつかない要因には、長時間労働、低賃金といった劣悪な労働条件があげられますが、最近では一旦退職した後に復職していない労働力の掘り起こしをターゲットに、労働条件の改善を行なっているところです。このように、労働条件が改善されることで、潜在的な労働力だけでなく、新規採用、転職希望者においても保育施設を志望する人が増えてきています。すでに資格を有している人であれば、すぐにでも働くことは可能ですが、新規採用や転職希望者は国家資格を取得しなければなりません。

そこで、注目されているのが厚生労働大臣が指定する専門学校です。専門学校には、2年制コースと3年制コースがありますから、最短2年で保育施設で働くことが可能となります。少子高齢化影響で、今後さらに保育士の需要は高まるものと思われます。また、それに伴って、労働条件の改善が進められることが期待されています。

こういった観点からも、職業として保育士を選択するメリットはたくさんあります。また、専門学校であれば、保育士に必要なものだけを学習することができますし、国家試験を受験しなくとも資格が取得できますので転職希望者はもちろん、新卒の人にとっても有益であることは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です