保育士の専門学校のタイプと一般的な学費

保育士になるためには4年制の大学や短期大学、そして専門学校で資格を取得することができるようになっています。どこに進学をするのがいいのかということは、それぞれの人のパターンにもよるのですが、経済的な負担については大きな問題になります。大学では4年間、短大では2年間、専門学校ではほとんどが2年間で中には3年間になるところもあります。保育の専門学校に進学する場合には、学費がどの程度かかるのかということをそれぞれの学校の説明会などで聞いておくと参考になります。

中には昼間働きながら、夜に学ぶ形の夜間制のところもあります。夜間では3年間の修業期間になることが多くなります。保育士の専門学校には厚生労働大臣が養成施設として指定をしている指定校と短期大学などの指定校のカリキュラムを併修することになる併修校があるのですが、2年間の指定校では200万円くらいの学費が相場になります。これが同じ2年間の併修校では250万円くらい、3年制のところでは350万円くらいかかるのが普通になります。

夜間制のところでは、指定校では200万円程度、併修校では300万円程度になります。このように、保育士になるために専門学校に通うことになったら、学費がどの程度であるのかということを事前に調べたり、学校見学に行ってみたりして検討をしていくことにします。お金の負担というのは大きな問題になるので、自分だけでなく、家族とよく相談をしていくようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です