保育士資格を専門学校で取ろう

保育士は国家資格として日本全国の保育施設や子ども関連の事業を行っている企業などでその資格を活かして働くことのできる女性にとっても重宝できる資格です。近年では待機児童の増加や保育士不足の深刻化なども社会問題になっているため、需要も大きく子育てのエキスパートとしての活躍が見込めます。保育士になるためには厚生労働省が指定した養成学校である4年制大学もしくは専門学校を卒業するか、独学で国家試験に合格するかのどちらかの方法があげられます。学費や期間などによってそれぞれの取得方法にメリットやデメリットがありますが、短期集中で保育士を目指すのであれば専門学校に通うことが望ましいです。

専門学校では最短で2年で資格を取得することが可能であり、大学ならば4年でする授業や実習などを半分の期間で凝縮して修得するカリキュラムが組まれているために毎日ハードなスケジュールながらも無駄なく徹底的に現場で求められる知識や技術を学ぶことができるために就職してからも即戦力として動くことのできるスキルが身に付きます。また専門学校は比較的学費も安く、同じ志をもって入学してくる仲間と切磋琢磨して学べる環境や学校内に実習に必要な道具やピアノなどが完備されているといった施設の充実度も高いので意識とやる気を保ちながら仲間と一緒に同じ目標に向かって学びを深められるという点も魅力の一つです。通信教育や教本を活用して独学するのか、学校で仲間と一緒に学ぶのか、資格取得までのスパンはどのくらいを目標にしているのかによって向き不向きはありますが、自分に合った勉強方法や取得方法をとることのできる手段を選んで保育士になることが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です