幼保一元化を考えた保育士の資格と専門学校

保育園で勤めることができるのは保育士になります。一部の自治体では保育士をカバーする役割を担う人物を養成するシステムもありますが、キャリアとして積むのであれば資格を取得しておいた方が確実になるでしょう。またそのキャリアアップとして考えるのであれば、幼稚園の教諭に関しても関心を持つことをおすすめします。幼稚園で働くことができる職員になりますが、実はこれはニーズが高くなることが予想されています。

幼保一元化の構想があがっており、これからこども園として幼稚園と保育園が一体化する可能性があります。そんなときにこそ幼稚園で働くことができる教諭の資格も同時に持っていれば、活躍の場が広がることになるでしょう。そのキャリアアップのために必要になるのが、保育士を要請する専門学校になります。すべての学校で幼稚園の教諭になれる資格が取得できるわけではありませんが、そのカリキュラムがあれば取得は可能になります。

キャリアアップとして保育士になることを考えているのであれば、幼稚園教諭の資格も同時に取得できる方向性を持つようにしましょう。専門学校によって違いがありますので、この点は詳しく確認をしておかないといけません。指定された専門学校でないと保育士の資格を取得できない学校もありますので、そのような点も抜かりなくチェックをして学校選びをしましょう。短大や大学と違って見間違いをするようなこともありますので、子どもと接する仕事を考えているのであれば、絶対に見落としてはいけないポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です