保育士になるための専門学校えらび

近年、女性の社会進出が進んで、小さな子どもを保育所や託児所に預けて働く女性が増えました。それに伴い、保育士の需要も高まっています。資格を持っていなくても保育所や託児所で働くことはできますが、やはり資格があった方が実際の職場では有利です。給与形態にも違いが出てきます。

それでは、保育士になるためにはどのような勉強をする必要があるのでしょうか。また、どのような資格を取ればなれるのでしょうか。保育士になるためには、大きく2つの方法があります。ひとつは、大学や短大、専門学校などの養成課程で所定の課程を修了すること、もうひとつは保育士試験に合格することです。

よく知られているのは、大学や短大、専門学校で養成課程を修了するという方法だと思います。短大、専門学校と大学では2年の差がありますが、勉強する事柄は同じです。大学では4年間で学ぶことを、短大では2年で学ばなければならないためとても忙しいと言われています。就職する際には大学卒の方が給与がいいという場合もあります。

保育士試験の方は、学校に通う必要がないため、ふだん別の仕事をしている人や主婦でも挑戦しやすいです。しかし、その試験内容はとても難しいと言われています。毎年4~5万人が試験を受けており、通信教育などでも学べる人気の資格ですが、その合格率は10%程度です。小さな頃から目指している人は、大学や専門学校に進学して学ぶ方がより効率がいいと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です