音楽専門学校で学べる内容

楽器演奏や放送に関係する職につきたいと考える人に答える学校、それが音楽専門学校です。一般の音楽大学で学ぶ内容があくまで学問なのに対し、音楽専門学校では職業に直結した技術や知識をピンポイントで効率よく学ぶことができます。ただひとくちに音楽専門学校といってもそこで学べる内容は学校によりさまざまです。楽器演奏者を目指す人は器楽科またはミュージシャン学科という学科が当てはまります。

この中にもピアノやバイオリンなどの楽器でクラシック音楽を主に学ぶコースもあれば、ギターやドラムでロックやポップスを学ぶコースなどもあります。また歌手を目指すヴォーカリスト養成コースや指揮者養成コース、ピアノの調律師養成コースがあるところもあります。レコーディングや音響機材について学びたい人には音響芸術学科という学科があります。舞台の音響やスタジオ収録などで活躍する音響の専門家を養成するための学科です。

音楽だけでなくテレビや映画の音響やマイク、カメラについても学べる学科がある場合もあります。また声優学科は音楽専門学校がもっとも得意としている分野といっても過言ではありません。声優だけではなくミュージカル俳優やタレントを目指すコースもある学校もあります。音楽専門学校の学科は学校によって名称が異なるケースがよくあります。

また学校によって得意としている学科も異なります。自分の学びたい内容がその学校やその学科にあるかを良く確認してから進路を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です