音楽専門学校に入りたい

音楽専門学校に入るためには、幼少時代からの準備が必要になります。なぜなら、たいていの学校には厳しい入学試験が設けられており、有名学校ともなると全国から相応の実力を持ったライバルたちが集まるからです。音楽専門学校の入試が厳しいのは、入学後に基礎から教えることはせず、最初からプロの音楽家となるためのレッスンを行なうためです。その中でついていけるか、頭角をあらわせるかが焦点となるため入試も厳しいものになります。

また、入学金と授業料も高額です。現役で活躍している音楽家が講師となっていること、設備や施設を借りるためにもお金が必要なためです。せっかく試験に合格しても、学費が払えずに退学してしまう人もいるほどです。在学生はみなお金持ちの家庭か、入学後にバイト漬けの厳しい生活を送りながら音楽の技術を磨くかに分かれています。

卒業しても、進路の保証はありません。プロになれるのは、在校生の中でもさらに才能のある一握りであり、多くは普通に民間企業へ流れたり、国家資格を取得したりして夢を断念します。一応、音楽教師の資格が取れる学校も多いですが、それでも音楽関係の仕事に就く人すらごくわずかとなります。音楽専門学校はこのように二重三重と困難が待ち受けていますが、それでも毎年有名学校は高い倍率と人気を誇っています。

それは、困難に打ち勝てれば成功への可能性が開かれているからであり、在校生は不安以上に希望を持って練習に励んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です