保育士になるには専門学校がお得な3つの理由

保育士養成学校には大学や専門学校があります。4年制の大学より専門学校は保育士を目指す方にとって大きなメリットがあります。大学では資格を取得する事が1番の目的ではありません。学士を取得する事が1番の目的であり、保育に関する勉強以外も多くあります。

幼稚園や小学校教諭の免許も取得できる大学もあり、知識を蓄える事は無駄ではありません。しかし実習の少ない事もあり、現場を体験できる機会が少ないです。その為、卒業して就職してから学ぶ事も多くなってしまいます。専門学校では保育士資格のみ取得できます。

その資格に特化した学校であり、実習も多く現場を体験し子供と関わる機会が多いです。ピアノや絵本読み等の技術をしっかり習得できるので、なりたい目的がある方に大きなメリットがあります。専門学校は大学と比較してお得な事もあります。大きく分けて3つあります。

1つ目は入学のしやすさです。入学試験の科目数も少なく学校により試験内容も違います。受験負担が少ない事は受験生にとって大きなメリットと言えます。2つ目が学費です。

年間の学費は比較して安く、2年制なので2年分学費を節約できます。大学より早く現場で活躍でき学費も抑えられます。3つ目が補助制度です。特典とも言える内容で、学費免除や他資格取得の助成を受けられます。

学校によって保育士以外に介護福祉士や社会福祉士等の資格を取得できます。大学では様々な事を学べ、卒業後の選択肢も多いです。しかし保育士として働きたい意思がある方にとっては、特化した専門学校の方が大きな恩恵が得られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です