保育士専門学校の指定校と併修校

専門学校で保育士を目指す方は、その学校が厚生労働省・文部科学省指定の学校かそうでないかを確認しておく必要があります。指定校の場合、その専門学校を卒業する事で保育士資格を取得できます。卒業後の学歴は専門学校卒業で専門士です。併修校とは厚生労働省・文部科学省の指定を受けていない学校です。

短大等の通信教育を併修する必要があります。短大の通信教育を受ける為にはスクーリングを受ける必要はあります。専門学校卒業だけでは保育士になれず、通信教育も修了しないと資格を取得できません。一見すると併修校は指定校より手間が多く、学ぶ負担も多いですがメリットもあります。

卒業する事で短大卒の学歴であり、通信教育の中で幼稚園教諭2種の資格も目指せます。専門学校でも保育士以外に幼稚園教諭を目指せる学校もありますが、住んでいる地域によりない場合もあります。通学が難しい場合等、併修校を活用する手もあります。保育士の業界も変化があり、認可こども園が増えてきています。

認可こども園とは保育と幼稚園の教育を一体化した施設です。原則としてそこで働く場合は、両方の資格を持っていないといけないと明記されています。その為幼稚園教諭の免許も取得する人が増えています。併修校では保育に関する専門的な知識や技術を学べ、通信教育で幼稚園教諭になる為の知識も学べます。

これから子供の成長に関わる仕事を目指す方に、併修校は時代にマッチした選択肢とも言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です