保育士になる方法は試験の合格や専門学校など卒業

保育士になるためには、子供が好きという理由も大事ですが資格取得者でないと仕事に就くことができません。保育士の資格を取得する方法は厚生労働省が指定する大学や短大専門学校などを卒業する方法または、試験を受験して資格を取得する方法です。大学や短大、専門学校と養成学校では、保育士だけでなく幼稚園教諭のダブル取得が出来る学校も多くあります。受験資格を満たして、各種スクールなどで学んで試験に合格すると資格を取得することができます。

試験は平成16年度から全国統一問題となって、試験は同日開催されるようになりましが。筆記試験と実務試験が行われ、筆記試験は全科目合格し実務試験も合格すると合格通知書が発行されて保育士として登録することができ働くことができます。受験資格は、大学や短大、高等専門学校などを卒業した人や高等学校を卒業した人です。他にも高校または中号教育学校などを卒業して児童福祉施設で2年以上または2880時間の実務経験がある人、児童福祉施設にて5年以上かつ7200時間の実務経験があることが対象です。

保育士試験は筆記試験が8科目、実務試験が2分野です。一度の試験で資格を取得する人も多くいますが、主婦や社会人で資格取得を目指している人も少なくなく、一度にすべて合格する必要はありません。一度合格した科目は3年間有効です。勉強時間がなかなか取れないときにときにも一年で合格を目指すのではなく、数科目合格して次の年の試験で残りの合格を目指す方が効率が良いケースもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です