2つの種類がある保育士になるための専門学校

これから需要が高まり、そして給料の面でも恩恵を受けやすくなるのが保育士です。大学や短大に行かないと資格を取得することができないと考えており、それゆえに諦めてしまう人も多いですがけっしてそんなことはありません。大学や短大以外にも専門学校で保育士になる道がありますので、そこからの道で目指すのも良い選択です。ただし保育士になるためには2種類の専門学校があることを知っておかないといけません。

ひとつは文科省・厚労省が指定している学校になります。ここで学ぶことによって、卒業するのと同時に資格を与えられますので、すぐにでも働くことが可能です。少し厄介になるのが併修校になる学校です。こちらは文科省・厚労省が指定をしていませんので、卒業をしても資格を取得することができません。

ただし通信制短大のカリキュラムに参加することによって、大学短大卒業や専門学校と同じように資格を取得することができます。少し厄介な方法になりますが、この違いがあることを知っておくと良いでしょう。もちろんスムーズな資格取得を目指しているのであれば、文科省・厚労省が指定している学校がおすすめです。ただし2年間みっちりと学ぶことになりますので、とても忙しい生活を送ることになるでしょう。

大学のように余裕を持った期間で学ぶわけではありませんので、体力に自信がないと難しいです。しかしここで得た経験というのは、忙しいことで知られる保育士としての心構えも手に入れることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です