保育士専門学校のメリット、デメリット

保育士になるためにはいくつかの方法がありますが、その中から専門学校に通うことを考えている場合、メリットとデメリットを知っておいた方がよいでしょう。まずメリットは、4年制大学や短大との併修校に比べると学費が安いという点です。大学や短大の場合、年間100万円前後、4年通うと総額で300万円前後ほどがかかりますが、専門学校は2年制で80~100万円前後となっていますので、費用の面を考えれば、大きなメリットといえます。次に2年で資格を取得できるというのも早く保育士として働きたい方にとっては大きなメリットといえるでしょう。

また働きながら資格取得を目指したいという方向けの3年制の夜間コースなどが用意されていることもあり、様々な方が通いやすいというのも専門学校ならではのメリットです。他にも保育現場で働く講師たちによる実践的な指導が行われますので、卒業後に役立つ知識や技術を習得できるというメリットがあります。現在、保育現場は人手不足となっていますので、即戦力となる保育士は重宝されるはずです。このように専門学校ならではのメリットはあるのですがデメリットも把握しておかなければいけません。

保育士専門学校のデメリットは、とにかく忙しいことにあります。2年間で保育現場に必要な知識や技術を学ばなければいけませんので時間的余裕はかなり少ないといえます。もしも、幼稚園教諭の資格も同時に取得するのであれば、より忙しくなるといえるでしょう。ただデメリットらしいデメリットはそれくらいなので、しっかり勉強したいという気持ちがあれば大きなデメリットにはならないはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です